本年度に施工した駅から徒歩15分の物件です。

弊社の改修事例としてご覧ください。


当初。

DSC_4328

外観。決して良いお顔とは言えませんでした。

但し、この丸みを帯びたファザードはポテンシャルが高いと思い購入しました。

比較対象をしやすく今回はビフォー・アフターで見比べて下さい。

HORIZON_0001_BURST20220226162156127_COVER

如何でしょうか。大好きなコントラスト「ネイビー&ホワイト」で大満足の出来です。

ポイントは、外側の白の差し色です。この辺りは、こだわりがあります。


玄関部分(当初)

DSC_4329

うーん。薄汚れている。これを・・

HORIZON_0001_BURST20220319082645365_COVER

外観から内装までの色彩統一で纏めます。

・・和室。(当初)

HORIZON_0001_BURST20220112103854539_COVER

これを・・

DSC_4906

うん。良くなりました。


更に、洋室(当初)
DSC_4330


DSC_4904

レンガ積みのアンティーク調のお部屋に改装。


そしてこの物件で一番面白いと思っていたのが3階の納戸。(当時)

HORIZON_0002_BURST20220112103920409


広々とした面積を遊び場をイメージして芝生調の室内に。
滑り台も置けますね。

CENTER_0001_BURST20220319083055964_COVER

その他

HORIZON_0001_BURST20220306183446360_COVER

階段上部のアクセント

リビング

DSC_5044

水回り

DSC_4888


この不動産は見た瞬間に、写真のようなイメージが直ぐに浮かびました。

自分の感性を信じて世界に一つだけの物件を創出する。

これはこれで醍醐味です。

但し、買値と工務費のバランスを見てです。

推定賃料を相場より少し低めで考え、そこからの逆算で先ずは試算しています。

建蔽率、容積率は共にオーバーしていますが、良い不動産だと考えています。

ビフォー・アフターのこのような記事を書くと、「あー。これも自分の歴史なんだ」とも思えます。


会社としては、「Wonde(R)」シリーズとして。

はい、(R)は、不動産再生のブランドとして名付けています。

これも、集積して動画編集をした方が分かりやすいですね。(Yちゃん動画作成したのかな


HORIZON_0001_BURST20220226162156127_COVER